お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 病院経営Q&A

病院経営Q&A

Q.外国人患者受け入れ認証制度の導入には、どのような取組みが必要ですか?

私たちは2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、首都圏に在る病院として、外国人患者の受け入れに尽力し、今後そうした取り組みを、PRしていきたいとも考えています。その理由として、当院では医療ツーリズムにコ …

Q.2019年10月に施行される消費税引き上げについて

2019年2月、中医協で、2019年10月に予定される「8%から10%へ消費税率の引き上げ」に伴う診療報酬の改定案が答申されました。コスト増になる医療機関の収入を補てんするために10月から施行されるようですが、医科の場合 …

Q.2018度年診療報酬改定での精神科系医療機関と介護医療院との連携で算定できる報酬項目についてご教示ください。

私たちは150床の全病棟精神科B病院を母体に、一般病院や介護施設等も複数経営する医療法人グループです。 B病院の近隣で運営するC病院は慢性期の高齢者を主体とした病院で、病床区分は医療療養病棟60床、介護療養型医療施設60 …

Q.救急指定・ER機能がなくても「在宅療養後方支援病院」届け出は可能か?

250床のケアミックス型病院ですが、200床以上の病床の基準は満たしているため、「在宅療養後方支援病院」の届出が出来ないか検討しています。 「予め届け出た入院希望患者に入院の必要性が生じた場合に、入院可能な病床を確保して …

Q.2018年介護報酬改定での「在宅復帰・在宅療養支援等指標」の算定要件について

私たちの医療法人では介護老人保健施設を運営しています。2018年度介護報酬改定では、「在宅復帰・在宅療養支援等指標」という極めて複雑な算定要件が新たに導入、厳格化されました。この他にも、評価項目として厚労省から①退所時指 …

Q.回復期リハ病棟に勤務するPT専従要件が緩和される医療機関の条件とは?

私たちはリハビリテーション医療に特徴を打ち出す地方の民間病院です。2018 年度の診療報酬改定から、一定の条件を満たしている場合、回復期リハビリテーション病棟のPTやOT等、リハビリテーション専門職の専従要件が緩和された …

Q.時間外労働の上限規制から適用猶予される業種はありますか?

2018年6月19日に「働き方改革を推進するための関係法規の整備に関する法律」(平成30年法律第71号)、いわゆる「働き方改革関連法」が可決・成立しました。 そこでは医師の時間外労働に関して、上限規制(原則、月45時間・ …

Q.「入院時支援加算」は併設の介護老健・入所者の入院前指導に介入した場合にも算定可能でしょうか?

2018年度診療報酬改定から、従来の「退院支援加算」が「入退院支援加算」に名称変更されました。それに伴い加算等が充実したようですが、入院予定患者に事前に病院の外来に来てもらい、私たちが入院前に介入する「入院時支援加算」( …

Q.「多機関共同指導加算」は、共同指導を実施した場合でも算定可能ですか?

2018年度診療報酬改定では、入退院支援に係る診療報酬項目が拡充されることになりました。私たちの病院が入院患者を在宅医療へと移行する際に算定可能な「退院時共同指導料2」の「多機関共同指導加算」についてお聞きします。 当院 …

Q.ダヴィンチ手術で新しく保険適用が認められた疾患はありますか?

当院は総合病院として、手術支援ロボット「ダヴィンチ」の導入を検討しています。「ロボット支援下内視鏡手術」(ダヴィンチ手術)に関しては従来から、腎臓がん、前立腺がんの手術に保険収載が実現し、2018年の診療報酬改定からは婦 …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP
Copyright © 2018-2019 Nippon Jimuki Co.,Ltd. All rights reserved.
「CARNAS」は日本事務器株式会社の登録商標です.