お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 病院経営Q&A

病院経営Q&A

クリニック経営Q&A 外国で生活する患者にオンライン診療を実施した場合でもわが国の指針が適用されるのか?

3年前に開業した当院は、外国人患者を積極的に受け入れるインターナショナル・クリニックを目指しています。少し飛躍しているかもしれませんが、将来を見据えたオンライン診療の運用について御質問します。 現状では実例はほとんどない …

Q.大病院が地域包括ケア病棟を新設する場合に追加される可能性のある新たな要件とは?

近年、全国の地域包括ケア病棟・病床数は政策誘導もあり急激に増加しており、2020年度改定では高度急性期医療を担う大規模病院が地域包括ケア病棟・病床を新設する場合、何らかの規制が導入されるのではときいていましたが、どのよう …

Q.2020年度診療報酬改定ではDPC病棟から地域包括ケア病棟への転棟(転室)ルールが厳格化?

当院はDPCを運用する高度急性期病院ですが、地域包括ケア病棟を一病棟導入し、主に当院の一般病棟・入院患者の急性期後、在宅復帰されるまでの期間、リハビリ等を提供する病棟として稼働させてきました。2020年度診療報酬改定では …

Q.地域包括ケア病棟を有する病院は、どのような患者ニーズに対応していくべきでしょうか?

2018年度診療報酬改定から地域包括ケア病棟は在宅療養を行っている患者等の受け入れ、いわゆる、サブアキュート機能が推進されるようになり、2020年度診療報酬改定でもその流れは、更に強化されていくようです。そうしたトレンド …

Q.2020年4月1日から看護師「特定行為研修」制度の改正が目指すところは?

医師業務の看護師へのタスク・シフティング(業務の移管)を進めるために、看護師の「特定行為研修」制度に強い関心を持っています。 ただ、当院の場合は小規模であり看護師の人員面で余裕がないこと、さらに慢性期医療を主体とする病院 …

Q.他院からの訪問看護師の出向を促す「訪問看護出向事業ガイドライン」の内容について

私たちの医療法人は19ベッドを有する有床診療所を核に、高齢化・人口減少が進む地方都市で、幅広く介護・福祉事業を展開し、地域に貢献してきたとの自負を持っております。 さて、当法人では従来から訪問看護ステーション(以下、訪問 …

クリニック経営Q&A「かかりつけ医」に係る診療報酬で、見直しが予想される項目はあるのでしょうか?

中医協では10月末から、診療所の「かかりつけ医」機能に係る議論が始まったばかりです。当クリニックでは「地域包括診療加算」を算定しており、地域のかかりつけ医としての役割を、更に強化していく所存です。ところで、2020年度診 …

Q.活発化する国家資格化ですが、どのような資格が検討されていますか?

「医師事務作業補助者」の認定資格化や将来的な国家資格化に向けた動きが活発化していると聞きますが、どのような資格が検討されているのでしょうか? A. 一般社団法人日本医療秘書学会や特定非営利活動法人「日本医師事務作業補助研 …

クリニック経営Q&A 「スチューデント・ドクター」資格化に向けて医療事故が起こった場合の民事責任は?

現在、厚生労働省の医道審議会・医師分科会において、一定の基準を満たした医学生に侵襲的な医行為の実施を認める「臨床実習生」資格化の議論が進められています。将来的に医師法を改正し、医師法で共用試験を位置づけた上で、「スチュー …

クリニック経営Q&A 小規模診療所における職員の研修およびモラールアップを図る方法について

当院は内科、整形外科、リハビリテーション科を標榜。私と妻が各々、整形外科、内科を専門とするドクターで、二診体制で運営する無床診療所です。1日平均、外来患者数は80名以上、看護師、事務職を中心とする職員数も10名(パートも …

« 1 2 3 4 8 »
PAGETOP
「CARNAS」は日本事務器株式会社の登録商標です.