お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 医療福祉経営の眼目

医療福祉経営の眼目

弊社の「EHRLINK 医療経営情報サービス」としてご提供している記事で、ITを活用した医療現場の最前線情報を月に1〜2本追加掲載いたします。

医療IT最前線 第60回 コミュニケーションとデジタル化

政府は患者が「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」を持つことを推奨しており、患者が気軽に相談できる医療機関とし …

医療IT最前線 第59回 電子カルテのデータを経営に活かす

電子カルテが生まれて約20年が経ち、診療所の普及率も4割に達しようとしています。新規に開業する医師は必ず電子カ …

医療IT最前線 第58回 ホームページの広告規制の見直し

診療所にとって、ホームページを活用して集患を行うことが一般的になりました。ですが、美容医療サービスを提供するク …

医療IT最前線 第57回 問診票の見直し

問診票の内容の充実を図るためには、受付スタッフの「傾聴力」や「質問力の向上」と、問診票そのものの「用紙の改善」 …

医療IT最前線 第56回 医療とIoT

医療やヘルスケアの世界でも「IoT」という言葉が少しずつ浸透してきています。今後の超高齢社会を踏まて、IoTの …

医療IT最前線 第55回 医療クラークの育て方

クラークを育てるのは難しい? 診療所でも、電子カルテを導入する際に入力業務を医師が行うか、クラークを配置し、医 …

医療IT最前線 第54回 診療所の来院患者の流れが変わる?

かかりつけ医の普及という言葉は、地域包括ケアシステムの基本条件として、厚生労働省は促進策を相次いで発表していま …

医療IT最前線 第53回 クラウドによる価格の低下の恩恵

2010年に医療分野でクラウドコンピューティング(以下、クラウド)が解禁されてから8年が経ちました。現在、最も …

医療IT最前線 第52回 コミュニケーション向上のための『お薬手帳』の活用

対物業務から対人業務へ 政府は患者ごとの薬剤を適切に管理することで、医療費抑制に貢献できると考え、調剤薬局を「 …

医療IT最前線 第51回 ネットワーク・コミュニケーションとヒューマン・コミュニケーション

コミュニケーションは大切なテーマに 政府は患者さんが「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」を持つことを推奨して …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 2018-2019 Nippon Jimuki Co.,Ltd. All rights reserved.