お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 医療福祉経営の眼目

医療福祉経営の眼目

弊社の「EHRLINK 医療経営情報サービス」としてご提供している記事で、ITを活用した医療現場の最前線情報を月に1〜2本追加掲載いたします。

医療IT最前線 第94回 2020年診療報酬改定におけるICT化の評価(2)

2018年に新設された「オンライン診療料」。様々な要件を用意することで、スモールスタートを選択したわけですが、2020年の改定では普及を目指して、様々な要件が緩和されています。 オンライン診療料の要件緩和 前回新設された …

医療IT最前線 第93回 2020年診療報酬改定におけるICT化の評価(1)

2020年4月の診療報酬改定は少子高齢社会の影響から人手不足が深刻化しており、働き方改革とICTの活用に着目した改定内容となりました。そこで、今回は診療報酬改定におけるICT化の評価について2回に分けて解説します。 今改 …

医療IT最前線 第92回 院内勉強会のススメ

組織が大きくなると運営が難しくなる 診療所は院長(医師)のもと、看護師やコメディカル(放射線技師、検査技師など)、事務員など様々な専門職種が、それぞれの役割を担って、組織として存在しています。小さい組織のうちは、院長のリ …

医療IT最前線 第91回 診療所のICT化が遅れている理由に甘えてはいけない

スマホとネットに依存する社会 現在、世の中はスマホとネットが当たり前になり、お財布よりもスマホの方が忘れてはいけないアイテムになっています。スマホさえあれば、クラウドサービスを利用することで、ほとんどの生活が事足りる時代 …

医療IT最前線 第90回 医療情報化支援基金の行方

医療情報化支援基金の創設 現在、電子カルテの普及状況は、大規模、中規模病院の普及は進み、残すところは診療所と199床以下の小規模病院となっています。そのような電子カルテの普及状況を踏まえて、政府は、「オンライン資格確認」 …

医療IT最前線 第89回 監査・個別指導対策

監査・個別指導の増加 最近、病院から監査や個別指導の相談が増えています。全国的に厳しくなってきている表れでしょう。監査や個別指導など指摘の多くが「カルテの記載漏れ」です。カルテの記事とコストがあっていないという指摘です。 …

医療IT最前線 第88回 働き方改革に向けた医療クラークの活用

残業を減らすためには 現在、少子高齢化の影響から人手不足が深刻になりつつあり、今後さらに生産人口の減少が予想されています。そのような状況を受けて、政府は「働き方改革」を急ピッチに進めています。政府が進める働き方改革では、 …

医療IT最前線 第87回 プラットフォームという考え方

プラットフォームとは? プラットフォームとは、「商品やサービスを提供する企業と利用者が結びつく場所」のことです。それを提供する会社を「プラットフォーマー」と呼びます。例えば、Amazonもプラットフォーマーのひとつです。 …

医療IT最前線 第86回 安全にクラウドサービスを利用するためには?

相次ぐ自然災害を受けてクラウドバックアップが進む 2011年の東日本大震災、最近では東日本での大型台風など、我が国は相次ぐ自然災害に見舞われています。災害によって、紙カルテや電子カルテが水没する事件が、ニュース等でたびた …

医療IT最前線 第85回 クラウドとサブスクリプションモデルとは何だろう

クラウドとは? 医療の世界でも「クラウド」という言葉を、最近よく聞くようになりました。クラウドとは、正式にはクラウドコンピューティング(Cloud Computing)と言います。 クラウドは日本語に訳すと雲です。具体的 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
「CARNAS」は日本事務器株式会社の登録商標です.