お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 医療福祉経営の眼目

医療福祉経営の眼目

医療IT最前線 第77回 クリニックにおける受付業務の自動化

◆最近、受付に人を見かけなくなった 日常生活の中で、ここ最近めっきり人がいなくなった部門があります。それは「受付」です。たとえば、駅の自動券売機や銀行のATM、そしてラーメン屋の食券機と、どんどん受付はヒトからコンピュー …

医療IT最前線 第76回 医療分野における生産性向上のためのRPAの可能性

◆生産性向上の手段として、RPAに注目 少子高齢化が進む我が国において、労働人口の減少が大きな問題となっています。そのため、労働力の有効活用や生産性を向上させるための方策が議論されており、従来よりも少ない人数で生産力を高 …

医療IT最前線 第75回 働き方改革に合わせたクラークの採用(後編)

新規にクラークを採用する際、どのようなことに注意が必要でしょうか。実際に行われている採用方法をご紹介します。 新規のスタッフをクラークとして採用する場合は、採用の時から工夫が必要です。クラークは医師と患者の診察を聞きなが …

医療IT最前線 第74回 働き方改革に合わせたクラークの採用(前編)

最近、「電子カルテのクラーク運用を始めたい」と相談されるクリニックが増えてきました。クラーク(医師事務作業補助者)の配置については、病院では診療報酬で評価されており、現時点で2,700件の病院が算定しています。 この数は …

医療IT最前線 第73回 医師をサポートするフィジシャン・アシスタント(PA)の可能性

超高齢社会を迎えている我が国において、生産人口の減少による人材不足が深刻になりつつあります。その現実を打破するためには、「ICT」などを活用した生産性の向上とともに、医師に集中しがちな業務をタスクシフトするために、医師を …

医療IT最前線 第72回 電子カルテの導入時のポイント

電子カルテの普及が進んだことで、いま医療機関が求めることは、診療所の日々の活動の中で、「当たり前に使える」ことだと考えます。しかしながら、電子カルテを「当たり前」に使うためには、電子カルテ選びも大切ですが、メーカー決定後 …

医療IT最前線 第71回 失敗しない診療所・クリニック向け電子カルテの選び方

診療所の電子カルテの普及が4割を超えた現在、電子カルテを利用して診療するのが当たり前の時代がきています。そのような時代において、改めて電子カルテの選び方について今回は考えてみたいと思います。 使いやすい電子カルテとは? …

医療IT最前線 第70回 問診票のデジタル化で業務効率化

電子カルテが導入されても問診票は紙のまま 現在、診療所で電子カルテの普及が確実に進んでいます。わたしが電子カルテの普及に関与したのは2002年で、それから約16年が経ち普及が確実に進んだという実感がやっと持てるようになり …

医療IT最前線 第69回 自動精算機の導入で生産性向上

生産性の向上が課題 わが国では少子高齢化が急速に進む中で、深刻な人手不足が顕在化しつつあります。このような労働人口の減少を受けて「働き方改革」そして「生産性の向上」が直近の日本の課題となっています。 生産性とは? この場 …

医療IT最前線 第68回 医療IT・ICT政策を振り返る(2)

医療分野のクラウドサービス解禁で新たな流れ 2010年に厚生労働省が通知した「診療録等の保存を行う場所について」の改正で、カルテや検査画像などの電子媒体を企業が運用するサーバで管理することが認められ、医療分野でのクラウド …

« 1 2 3 5 »
PAGETOP
「CARNAS」は日本事務器株式会社の登録商標です.