お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 医療福祉経営の眼目

医療福祉経営の眼目

医療IT最前線 第53回 クラウドによる価格の低下の恩恵

2010年に医療分野でクラウドコンピューティング(以下、クラウド)が解禁されてから8年が経ちました。現在、最もクラウド化が進んだシステムは診療予約システムでしょう。 クラウドによる「価格低下」の恩恵 待ち時間の緩和や来院 …

医療IT最前線 第52回 コミュニケーション向上のための『お薬手帳』の活用

対物業務から対人業務へ 政府は患者ごとの薬剤を適切に管理することで、医療費抑制に貢献できると考え、調剤薬局を「かかりつけ薬局」と定義して積極的な患者への関与・介入を期待しています。そのため、従来から行われてきた「対物(調 …

医療IT最前線 第51回 ネットワーク・コミュニケーションとヒューマン・コミュニケーション

コミュニケーションは大切なテーマに 政府は患者さんが「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」を持つことを推奨しており、患者さんが気軽に相談できる医療機関として診療所や調剤薬局を位置付けています。このような時代、いかに患者さ …

医療IT最前線 第50回 医療の現場でパソコンが向かない訳

医療の現場ではパソコンが追い付かない 医療の現場では、他の業界に比べて、パソコンが苦手なスタッフが多いようです。その理由は、1人1台パソコンがない環境で長らく仕事をしてきたことが、まず第一に挙げられます。2つ目は、日々の …

医療IT最前線 第49回 2018年度診療報酬改定とICT化

2018年度診療報酬改定は、今後の超高齢社会を踏まて、地域包括ケアの推進、国民皆保険制度の安定的継続に向けて、業務効率化の観点からICTの活用が色濃く出た改定内容となりました。今回の改定では、ICTなど最新の技術革新を医 …

医療IT最前線 第48回 待ち時間が増加するメカニズムとは?

診療所では、患者が増えるにつれて「患者の待ち時間が長くなった」「スタッフの残業が増えた」という声をよく聞きます。患者数の多い診療所であれば当然起きることではありますが、それを少しでも解消できれば患者やスタッフだけでなく、 …

医療IT最前線 第47回 タブレットとクラウドの活用で変わる医療の未来

厚労省は2010年、電子カルテの外部保存に関する通知を一部改正し、医療分野におけるクラウドコンピューティング(以下、クラウド)の活用を解禁しました。これにより診療録などをクラウドへ保存することが可能となりました。また、時 …

医療IT最前線 第46回 電子カルテ導入、成功のポイント

電子カルテ導入に費用対効果が見いだせない 現在、診療所の電子カルテの普及率は約4割。製品が誕生してから17年が経過し、新規開業では当たり前に導入するシステムとなりましたが、既存の診療所ではなかなか普及が進まない要因は、「 …

医療IT最前線 第45回 患者、医師、スタッフが幸せになる仕組み

60人を超えると電子カルテ入力が負担に感じるように 電子カルテを導入した医師から、「導入後に1日当たり外来患者数が60~80人を超えたころから、急に電子カルテ入力を負担に感じるようになった」という話を聞きました。 1日の …

医療IT最前線 第44回 電子カルテ導入、本当の目的とは?

診療所における電子カルテの普及率はいよいよ4割を超えようとしています。現在では新規開業する場合、電子カルテ導入は当たり前ともいわれるようになりました。また、既に開業している診療所でも導入が進みつつあります。今回は、電子カ …

« 1 4 5 6 »
PAGETOP
「CARNAS」は日本事務器株式会社の登録商標です.