お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 医療福祉経営の眼目

医療福祉経営の眼目

医療IT最前線 第43回 医療分野のシステム開発は新たなステージへ

クラウドとタブレットが医療IT業界への参入を加速 近年、医療IT(ICT)業界に新規参入する企業が増加傾向にあります。その背景の1つに、診療録などの保存を行う場所に関する法律が2010年に改正され、医療分野でクラウドコン …

医療IT最前線 第53回 クラウドによる価格の低下の恩恵

2010年に医療分野でクラウドコンピューティング(以下、クラウド)が解禁されてから8年が経ちました。現在、最もクラウド化が進んだシステムは診療予約システムでしょう。   クラウドによる「価格低下」の恩恵 待ち時 …

医療IT最前線 第52回 コミュニケーション向上のための『お薬手帳』の活用

対物業務から対人業務へ 政府は患者ごとの薬剤を適切に管理することで、医療費抑制に貢献できると考え、調剤薬局を「かかりつけ薬局」と定義して積極的な患者への関与・介入を期待しています。そのため、従来から行われてきた「対物(調 …

医療IT最前線 第51回 ネットワーク・コミュニケーションとヒューマン・コミュニケーション

  コミュニケーションは大切なテーマに 政府は患者さんが「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」を持つことを推奨しており、患者さんが気軽に相談できる医療機関として診療所や調剤薬局を位置付けています。このような時代 …

医療IT最前線 第50回 医療の現場でパソコンが向かない訳

  医療の現場ではパソコンが追い付かない 医療の現場では、他の業界に比べて、パソコンが苦手なスタッフが多いようです。その理由は、1人1台パソコンがない環境で長らく仕事をしてきたことが、まず第一に挙げられます。2 …

« 1 3 4 5
PAGETOP
「CARNAS」は日本事務器株式会社の登録商標です.