日頃よりCARNAS健診クラウドサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2月25日にバージョンアップを実施しました。主な内容をご案内いたします。

 

◆2月25日バージョンアップ内容

1.特定健診

特定健診の契約内容を登録することで、取りまとめ機関に対して決済データを作成し送付することができるようになります。

対象プラン:ライトプラン、クリニックプランをご契約中のお客様

料金   :上記プランの標準機能となります。追加料金は発生しません。

機能概要

・支払代行機関や医療保険者に送付するXMLファイル(健診・決済データ)を出力

・特定健診用の健康診断結果報告書を出力

■XMLファイル出力画面

■特定健診健康診断結果報告書

※前回ご案内(2019年1月28日バージョンアップについて)していた「ORCA連携」は、延期となりました。時期については改めてご案内いたします。