新型コロナウイルスの感染拡大は診療所・病院経営に大きな影響をもたらしています。5月末に緊急事態宣言が全国で解除され、いったんは収束するかに見えた感染者も再び増加しており、依然全国で猛威を振るっています。感染拡大をきっかけとして、「新しい生活様式」を実践しながらどのように活動を継続していけばよいかということが、診療所・病院に求められております。

このようなWithコロナの時代に、診療所・病院はどのように考え、どのように行動に移せば良いのか考えていくコラムを、MICTコンサルティング 大西大輔氏との共同企画でスタートしました。

今回から6回にわたり連載してまいりますので、ぜひお読みください。

第1回(10月8日公開)

 ・新しい生活様式とその影響
 ・コロナ禍の受診控え診療所・病院経営に大きく影響
 ・特定健診、がん検診等、各種健診の実施者数の動向
https://carnas.njc.co.jp/column/management-strategy-for-hospital-and-clinics-01/

第2回(10月22日公開予定)

 どうぞご期待ください。